社長挨拶

「安全は愛」(Safety is Love)をモットーに世界クラスの製品作りを目指します!

弊社は創業以来60年余の長きにわたり一貫して高所作業における墜落防止(安全)と能率の向上をテーマに、専門化されたプロユースのための様々な製品を世に送り出してきました。
ハーネス型安全帯を始めとする各種安全帯、構造物に取り付けて安全帯と組み合わせて使うことで、不測の墜落を防止する墜落防止装置、高所に昇ることなく、地上から電気通信工事の作業を行うための地上アクセス工具、山岳地帯での鉄塔工事や森林作業用に用いる人員・資材運搬用モノレールなど、あらゆる高所作業における安全と能率を総合的なシステムとして提供できる世界で only one の企業であります。

代表取締役社長 藤井 信孝

代表取締役社長

藤井 信孝

私どもの製品は、それぞれのお客様の違ったニーズに対応するために、多品種少量生産の方式をとらざるを得ません。しかし製品の品質には万全を期するために、世界でも例を見ない試験鉄塔を備え、すべての安全帯、墜落防止装置の実証試験を行なっています。3基ある鉄塔の中で最も高いものは35メートルもあります。
エックス線検査も導入しており、目に見えないところもチェックしています。また、新しい材料、設計方法を使用する開発製品などでは、出荷する数よりも多い数を試験で破壊することがあります。
それだけ、人の命を守ることは、大切だと考えているのです。

「より愛をこめた高品質な製品作り」
「より生産効率を考えた製品作り」
「より我が地球環境を考えぬいた製品作り」
をモットーに今後ともユーザーの皆様からのご期待に応えて参ります。

この仕事を通じて、私は、セーフティ・イズ・ラブ。つまり、「安全は愛」だと信じています。安全装置を製造する私たちは、愛情を込めて作る。そして実際に使用する作業者の方たちも愛情をもって装着し、普段の手入れもしていただく。このような双方の愛情が不可欠だと思います。不幸にも墜落事故で亡くなられると、その方が愛し、また愛されたご家族・友人たちも悲惨なことになります。それらの大切な人たちを愛する心で、私どもの製品を使っていただくことが、事故防止につながるのです。安全Lockの扉を開けるのは、愛というKeyが必要なのです。

私どもは「安全は愛」を指針に、世界クラスの製品作りを目指します。

製品カタログ