安全帯の歴史

[昭和26年以前] 胴綱

電柱上の作業用として使用されていた

胴綱

[昭和26年~27年頃] 初代の柱上安全帯

作業姿勢を安定させるためにロープの長さを調節する伸縮調節器が開発された

初代の柱上安全帯(柱上作業用)

[昭和32年頃] 柱上安全帯をベースに製作した造船用安全帯

柱上安全帯をベースに製作した造船用安全(一般高所作業用)

[昭和38年頃] 建設用安全帯として現行品の原形ができる。

建設用安全帯として現行品の原形ができる。

[昭和51年頃] 建設足場に直掛けできる大口径フックが開発される

建設足場に直掛けできる大口径フックが開発される

[平成元年頃より] 現在の高級安全帯

(1)装着性の良い安全帯(ソフトで幅広の補助ベルト付安全帯)

装着性の良い安全帯

(2)ショックアブソーバ付の安全帯
(ショックアブソーバにより墜落阻止時の衝撃荷重を450kgf(6G)以下にした安全帯)

ショックアブソーバ付の安全帯

(3)軽量型の安全帯
(アルミ金具を採用した軽い安全帯/一般型:960g、軽量型:675g)

軽量型の安全帯

(4)織ロープ巻取り式の安全帯
(ロープを強力繊維製の織ロープにしてケース内に巻き取る)

織ロープ巻取り式の安全帯

製品カタログ