1本つり専用安全帯の取扱い

胴ベルトを締める位置

腰骨のところに正しく締めてください。

胴ベルトを締める位置

バックルにベルトを通す方法

バックルにベルトを通す方法

フックの操作方法

外れ止め装置と安全装置を同時に握ると開口します。

フックの操作方法

安全帯の正しい使い方

1. フックは堅固な構造物に取付けてください。

墜落すると人体の体重の10倍近い大きな衝撃荷重が加わります。

1. フックは堅固な構造物に取付けてください。

2. ロープは鋭い角に触れないようにしてください。

墜落時の大きな衝撃荷重によってロープが鋭い角で切断する危険があります。

2. ロープは鋭い角に触れないようにしてください。

3. フックは腰より高い位置に取り付けてください。

落下距離が大きくなるほど衝撃荷重が増えますので必ず腰より高い位置で使ってください。

3. フックは腰より高い位置に取り付けてください。

4. フックは正しい掛け方をしてください。

墜落阻止時に本体が折れ曲がったり、外れ止め装置または安全装置に荷重が加わらないように使ってください。

直接掛け

直接掛け

直接掛け

回し掛け

直回し掛け

回し掛け

穴掛け(ボルト穴など)

穴掛け(ボルト穴など)

穴掛け(ボルト穴など)

5. ロープ・ストラップ・ベルトは熱に当てないでください。

ロープ・ストラップ・ベルトは火気(溶接など)で溶ける危険があります。

5. ロープ・ストラップ・ベルトは熱に当てないでください。

6. ロープ・ストラップ・ベルトに酸、アルカリを付着させないでください。

酸(バッテリー液など)、アルカリ等が付着して強度が低下するおそれがあります。

6. ロープ・ストラップ・ベルトに酸、アルカリを付着させないでください。

7. フックは墜落阻止時に床面または下方の障害物に接触しない位置に取り付けてください。

ロープが伸び、ショックアブソーバが開いて伸びます。また、水平親綱が伸びます。

7. フックは墜落阻止時に床面または下方の障害物に接触しない位置に取り付けてください。

8. フックは振り子状態にならない位置に取り付けてください。

障害物に衝突します。

8. フックは振り子状態にならない位置に取り付けてください。

9. 垂直・水平親綱の1スパンを利用する作業者は1名としてください。

友引き状態になり、他の作業者も同時に墜落するおそれがあります。

9. 垂直・水平親綱の1スパンを利用する作業者は1名としてください。

10. ロープの縮みが大きく、径が太くなったものは取り換えてください。

特に八つ打ロープは縮みやすい構造で、大きく縮んだものは強度低下を起こしている場合があります。

10. ロープの縮みが大きく、径が太くなったものは取り換えてください。

11. 一度でも大きな荷重が加わったものは廃棄してください。

大きな荷重でD環が変形していると次の墜落阻止時には衝撃荷重が高くなり危険です。安全帯全体を破棄してください。

11. 一度でも大きな荷重が加わったものは廃棄してください。

12. 安全帯は分解・改造しないでください。

大きな荷重でD環が変形していると次の墜落阻止時には衝撃荷重が高くなり危険です。安全帯全体を破棄してください。

12. 安全帯は分解・改造しないでください。

12. 安全帯は分解・改造しないでください。

13. フックハンガーをD環の代わりに使用しないでください。

フックハンガーはフックを吊り下げるだけの強度しかありません。

13. フックハンガーをD環の代わりに使用しないでください。

14. 安全帯は屋外に放置しないでください。

ロープ・ベルトは合成繊維のため太陽光に含まれている紫外線で強度が低下します。

14. 安全帯は屋外に放置しないでください。

15. 体重が100kg以下でお使いください

体重が100kgを超えると墜落時に大きな衝撃荷重が加わり、重大事故が起こる場合があります。

*体重(装備重量):体重と装備品全ての合計重量。

●体重が100kgを超える場合は、「お客様相談窓口」までお問い合わせください。

15. 体重100キロを超える人はショックアブソーバ付安全帯を使用してください。

16. 1本つり専用安全帯に体重をかけないでください。

万一の墜落の時に、墜落阻止を目的に使用する安全帯です。

16. 1本つり専用安全帯に体重をかけないでください。

常時体重をかける作業には、U字つり専用または1本つり・U字つり兼用安全帯をお使いください。

製品カタログ