安全帯とは

安全帯とは、人体に装着するベルト(=帯)にランヤード(ロープ等)がセットされた製品を指し、作業者が高所での墜落事故から身を守るための個人用保護具です。

「労働安全衛生規則」によると、事業者・使用者・製造者にそれぞれ義務が課せられており、高さ2m以上の個所で作業床が設けられない場合は、安全帯を使用させなければならない(第518条の2)、また「労働安全衛生法」第42条に基づく「安全帯の規格」を満足した安全帯を使用しなくてはならない(第27条)と規定されています。

製品カタログ